Pocket

この記事は約 1 16 秒で読めます。

HERO出演のキムタクですが、現在キムタクの着ていた服がかなり話題になっています。

迷彩柄のジャケットがカッコよかったなどなど、HERO主演で、ファッションリーダー的存在まで確立しそうですね。

キムタクの画像

キムタク「ジーンズ」神話

デニムの画像1

その中でもキムタクといえば「ジーンズ」です。キムタクはベストジーニスト賞に5回も選ばれているんですね。スラリと伸びた足に、理想的な体型、「ちょっと待てよ」なんていわれたら、女の子胸きゅんかもしれませんね。

テレビは基本「正義もの」が流行る?

キムタク低迷から、一気にキムタク人気復活、やはりHEROの力は凄いですね。テレビって基本正義ものって結構流行るんですよね。「踊る大捜査線」なんかも正義ものでかなり流行りました。逆に「家族狩り」なんかはあまりテレビに向かなかったのでしょう。

「家族狩り」は優れた小説ですけど、優れた小説は映像化した時、大衆に理解されない部分がありますからね。村上春樹先生なんか、自身の作品が映像化されることをあまり望んでいませんからね。

ジーンズについて熱く語る?

キムタクは今回「ジーンズ」へのこだわりをラジオなどで熱く語りました。

おすすめジーンズやその洗い方など、驚くべき情報があります。

ジーンズの性質について知ろう

ジーンズの染料はインディゴと呼ばれる染料をつかっているのですね。虫よけの効果もあり、労働者が愛用してジーンズをはいていました。

ろくに洗わないジーンズは破れたり色落ちしたり、その風合いがカッコイイと親しまれてきたんですね。

おすすめは「生デニム」

ジーンズの持っている数もかなりある、木村拓哉さんですが、おすすめは「生デニム」だそうですよ。生デニムって云われてもなにのことか分かりませんよね。

「生デニム」とは防縮加工の行われていないデニムのことを云います。

ジーンズ「育成論」

デニムって育つんですね。はきつぶしていると、風合いがでてきて、まるで自分の肌の一部みたいになっていくんです。

90年代の日本の映画で「わざわざ川に行って、石にジーンズをぶつけて風合いを出す」なんて映像ありましたからね。

風合いをだす

自分の動きの癖や体のラインによって、ジーンズが色落ちしたり、変形したりするわけです。

上手い具合に育てると、世界に1つだけのジーンズに育ちますよ。

ジーンズは「ドライクリーニング」が基本

キムタクのこだわりは「ジーンズはドライクリーニングが基本」だそうです。ジーンズをドライクリーニングするのは斬新な考え方ですね。

普通に水洗いすると、洗濯により色落ちや癖がでるわけですから、ジーンズが思ったように育ってくれません。ですから、自分好みに育てるには「ドライクリーニング」が必要なわけです。

オリジナルジーンズ「育ててみては」いかがですか

皆さんもキムタクにならって、世界に一つしかない「オリジナルジーンズ」育ててみてはいかがですか。

「生ジーンズの育て方の動画」